発毛シャンプー

薄毛・抜毛の原因

 


最近は若い人や女性でも薄毛や抜毛で悩んでいる人が多いようです。

 

 

20代で1日あたりおおよそ30~80本くらいの抜毛があるようですが、

 

 

30代になると50~100本、40代50代で80~150本以上というようにどんどん抜毛が増えてしまうようです。

 

 

通常なら新しい毛に生え変わるはずなのですが、原因はいろいろですが頭皮の環境に何らかのトラブルがあったりすると

 


抜けたまま生え変わらず薄毛になってしまうのです。

 

 

まずは薄毛や抜毛の原因を知ることが薄毛・抜け毛の予防につながるはずです。

 

 

 

1……食生活による薄毛・抜け毛

 

 

普段の食生活で肉や油っぽいものを摂りすぎると薄毛や抜毛の原因にもなるそうです。

 

 

髪の毛はタンパク質で出来ているので、たんぱく質や、ミネラル、ビタミンなどバランスよく食事をとることが大切です。

 


また髪の毛の成長や切れ毛の予防のためには亜鉛をとるといいとも言われています。

 


2……喫煙

 

 

喫煙をすると血行が悪くなるため頭皮・毛根への十分な栄養が行き届かず髪の成長の妨げになり

 

 

抜毛へとつながると考えられています。もちろん身体にも悪影響なので禁煙することをお勧めします。

 


3……ストレス

 


ストレスによって血管が収縮し頭皮・毛根への栄養が十分でなくなってしまいます。

 

 

それにより薄毛・抜け毛につながると言われています。

 

 

4……男性ホルモン

 

 

男性ホルモンには身体の毛を濃くする作用がある一方

 

 

髪の毛を薄くしてしまう作用もあります。

 

 

反対に女性ホルモンは髪の毛が増えて抜け毛が減る作用があるのです。

 


どちらかのホルモンだけ分泌されすぎてもバランスが崩れ頭皮などに影響がでます。

 


男性ホルモンが多く分泌されすぎると、頭のてっぺんや前側の髪が薄くなってしまいます。

 


側頭部や後頭部はホルモンバランスでの抜毛の影響を受けにくいのです。

 


よく横側と後ろだけ髪が残っている人を見ますが、それはそのせいかもしれません。


 

過度な筋トレや自慰行為、食事では過度の大豆(イソフラボン)を含んでいる食品の摂取が

 

 

男性ホルモンの分泌を増やしてしまうと言われています。