発毛シャンプー

髪とそばは関係ある?



体に良い食べ物と言われる「蕎麦」は、実はヘアケアにも




よい方向に効果をもたらすと言われています。



 

蕎麦の歴史は、奈良の時代以前にまでさかのぼるようです。



蕎麦は収穫される時期によって大きく夏蕎麦と秋蕎麦に分かれるそうです。

 


夏蕎麦は6~8月に収穫され、9月に新蕎麦として出されるのが一般的です。



秋蕎麦は10月~11月が収穫時期で、味や香りがより優れているとされているようです。



おもに「秋新」と呼ばれて重宝されます。



 

なぜ蕎麦がヘアケアに良いといわれるか。



良質な植物性タンパク質をたくさん含んでいることです。



 

蕎麦には必須アミノ酸9種がバランス多く含まれており、




またビタミンB1やビタミンB2が豊富に含まれているようで、




疲労回復の効果が期待できます。



 

ビタミンB1は「疲労回復ビタミン」と呼ばれ、糖分やでんぷんなどの




糖質をエネルギーに変換するのに不可欠な存在です。

 


 

そして蕎麦にはポリフェノールの一種であるルチンが含まれています。



 

ルチンは毛細血管を強くしたり、血圧を下げる効果も認められているようです。



ということはうどんより蕎麦の方がヘアケアに



向いていると考えてもいいようです。



 

もちろんヘアケアで注意したいのがシャンプーです。




頭皮を清潔にすることこそヘアケアと発毛にとって重要な項目




なのでもちろんシャンプーをしっかりすることも忘れずに。